家庭で使える脱毛器

このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭で使える脱毛器

家庭で使える脱毛器には、デリケートゾーンの脱毛ができるものもあります。
お店での施術は安心ですが、いくらお店のスタッフでも、アンダーヘアの脱毛を行うのは恥ずかしくて、どうしようか迷っているという相談を受けますが、そうした方は、市販の脱毛器を使ってみてはいかがでしょう。
皮膚がやわらかく痛みを感じやすい部位ですし、弱い出力で気長に処理したほうが良い場合もあります。
ですから、出力調整ができる機種なのかどうか調べてから買ったほうが良いと思います。
無理なくキレイに脱毛したいと思っているのなら、なおさらです。
レーザーを利用して脱毛する場合、脱毛してほしい所にレーザーを当ててもらい、ムダ毛のもととなる組織をつぶしてしまうメソッドです。
光脱毛よりも強い威力をレーザー照射はもっているため、肌にストレスを与えることになりますし、痛みが強くなる場合もあります。
医師の監督がなければできない施術ということになっているのですが、家庭使用が可能なレーザー脱毛器も市場に出回っています。
ささっと脱毛したいならカミソリがおすすめですが、肌にしてみれば悪い刺激でしかありません。
ジェルなどで肌を守りつつ剃る、使用するカミソリの清潔さ保つなど、肌のためにできることをしましょう。
剃った後の肌を石鹸などで洗うことは極力避けて、お風呂に浸かるのは我慢して、念入りな保湿でお肌をケアしましょう。
ようやくムダ毛を剃り終えても、日を置かずにまた生えてきますが、だからといって習慣的に熱心に剃っていると、やっかいな色素沈着を引き起こします。
脱毛器を選ぶとき、人気の高いものに目がいくかもしれませんが、人気があるからといって効果においても素晴らしいなんてことは、簡単に言えません。
有名メーカーでは知名度の高い人をイメージモデルとして採用しますし、芸能人に口コミを書いてもらうことあります。
そのようにして売り上げを伸ばしているケースもありますし、レビューを見ると、これがナンバーワンセールス商品なのかと疑うほど、評価が低いことも稀ではありません。
選ぶなら、知名度や販売台数ではなく、効果優先で選ぶことが大切です。
安易に選んでしまうと、使ってみて後悔することにならないとも限りません。
おうちで使える脱毛器は、いずれカートリッジ交換をしなくてはいけないものもたくさんあるため、購入する際は、留意すると良いでしょう。
維持費のことも考慮して購入しないとムダ毛の脱毛が困難になります。
けれども、カートリッジを交換する必要の無い脱毛器が良いかと言われれば、使用により劣化した本体は交換が必要なので、頻繁に使用すると得とは言えないことになります。
VIO脱毛は医療脱毛でもできます。
痛みを強く感じますが、その後、ムダ毛が生えにくくなります。
一方でレーザー脱毛は、好きな範囲で処理していきますので、お好みに合わせて行うことができます。
どのような感じでVラインをキレイにするかは人それぞれでお好みがあるでしょうから、脱毛しすぎを防ぐためにも少し痛いかもしれませんが、医療脱毛を選択するのが良いでしょう。
例えば、ソイエやアミューレなどの脱毛器は、泡脱毛が可能です。
泡で包みこみながらムダ毛を処理することで、悩みの種となる肌への負担は減り、なるべく痛くない処理ができるのです。
しかし、脱毛のパーツによって注意が必要です。
ムダ毛を引っこ抜くため、それに伴う痛みも無視することはできません。
そして、毛を抜いた後の問題点としては大多数の人が肌が赤くなることに悩まされるということです。
家庭用脱毛器を使って自己処理したあと、皮膚が赤くなることがあります。
常温程度で構いませんのですぐに水で冷やすか、風をあてるようにすると症状はおさまってくるでしょう。
このように赤くなるのは皮膚の炎症によるものなので、汗をかかないよう、患部を清潔に保って冷やすことが大事です。
そのようにしていても赤いままでひかないときは、面倒でも皮膚科を受診しましょう。
まして、悪化して化膿したり、水分が出てきたり、通常の脱毛以外の症状が見られる際は、そのままにしたり、自己流で対処せず、病院で医師の診察を受けなければいけません。
おためしコースを用意しているクリニックもありますから、積極的に足を運んでみましょう。
医療脱毛と一言で言っても、自分にあったレーザーを見つけることでどのくらい痛みを感じるかが変わってきますから、クリニックで体験してみて、施術の痛みに耐えられるのか体験しましょう。
また、医療脱毛ではトライアルコースを施術してもらうだけでも、少しは脱毛を実感できることもあります。
「ソイエ」はパナソニックが販売している家庭用の脱毛器です。
ムダ毛を挟んで脱毛するので慣れないうちはかなり痛さを感じるようです。
敏感な部位への使用は難しいでしょう。
毛抜きで皮膚ごと引っ張るより負担が軽く、一度に複数の毛が抜けるという点では優秀ですが、お風呂で肌がやわらかいときに脱毛したらポツポツと血が滲んでびっくりした、あとから埋没毛ができるのは毛抜きと同じといったマイナスのクチコミもあります。
一方で、何度かリニューアルされていて愛用者も多く、抜くのを繰り返すことによってムダ毛が抜けやすくなり、だんだん楽に脱毛できるようになってくるという人もいます。
痛みに強い方や、痛みを感じにくい部位には使えるかもしれません。

リンク集

まとめ

Twitterまとめ